トップ>企業情報>ニュースリリース一覧>当社保健師が学会賞を受賞しました

当社保健師が学会賞を受賞しました

2018.11.12

日本産業看護学会で優秀賞を受賞

株式会社ドクタートラストに所属する瀧澤莉代保健師が、2018年11月3日、4日に開催された日本産業看護学会第7回学術集会で「満足度分析によるストレスチェック後の職場環境改善優先度の検討」を発表し、最高評価である優秀賞を受賞いたしました。

日本産業看護学会とは、産業看護学の学問体系の確立、高度な実践能力・実践方法の開発、体系的な産業看護教育のため、2012年に設立された学会です。
産業看護ケアの質の均一化と向上を目指しています。
毎年秋に学術集会を開催し、優れた発表を行った者に優秀賞を授与しています。

<受賞タイトル>
「満足度分析によるストレスチェック後の職場環境改善優先度の検討」
発表者:瀧澤莉代(ドクタートラスト 保健師)
共同研究者:大西裕美(ドクタートラスト取締役 産業保健看護上級専門家)、吉尾清乃(ドクタートラスト 保健師)

<発表内容>
ドクタートラストのストレスチェックを受検した186,200名の結果を用いて、設問項目のどれを優先的に改善すると「仕事の満足度」向上に影響するかを分析しました。
その結果、「仕事の量」「技能の活用」「家族や友人の支援」よりも「仕事の適性」「上司の支援」「仕事の裁量」を優先して改善したほうが、「仕事の満足度」向上に大きく影響することが判明しました。

発表内容の詳細は、こちらをご覧ください。


ドクタートラストでは、ストレスチェックサービスのオプションといたしまして、上記発表で用いた満足度分析を用いて、企業ごとの場環境改善優先度を導出し、さらには具体的な施策の提案、および実施を行っております。
サービスの詳細につきましては、下記よりお気軽にお問合せください。

まずはお気軽にお問い合わせください
TOPICS ストレスチェックは今がおすすめ!導入事例 ストレスチェックについて 産業医契約についてよくある質問 産業医の紹介契約等の主要取引先企業 衛生委員会テーマメールマガジン 採用情報 導入事例
p-mark

当社では安心と安全を
ご提供できるように
「プライバシーマーク」を
取得致しました。
今後ともさらなる情報セキュリティの
維持管理に向けて
取り組んでまいります。

ページトップへ戻る