TOPICS 専属産業医の人材紹介 産業医満足度調査結果
産業医満足度調査のアンケートを実施しました!
よくある質問 主要取引先企業 メールマガジン 採用情報

トップ>企業情報>採用情報>《事業拡大につき急募》保健師を募集しています

保健師募集 働きやすさインタビューページへ

スキルアップ
スキルアップできる職場です

健康管理会社の保健師として、取引のある1300社を超える企業の健康管理サポートを行って頂きます。 複数の官公庁や上場企業を中心に定例訪問を行います。(毎月5~8社程度を担当します。)
自身の裁量で業務の提案を行えますので、やりがいがあり、
経験・スキルアップをお考えの方にも魅力を感じて頂けると思います。

お子さんがいる方も働きやすい
お子様がいる方も

ドクタートラストはお子様がいらっしゃる方でも安心して

働ける環境が整っています!
例えば、時短勤務はもちろんのこと、半日から有給を
取得できたり、お子様の急な体調不良などにも
柔軟に対応いたします。

福利厚生
ワークライフ

企業に指導をする立場の会社として、残業は基本ありません。
仕事とプライベートの両立が可能です。
また、福利厚生で会社指定のスポーツジムに通うことができ、

心身の健康を保てます。

しでも興味をお持ちいただけましたら、ぜひ一度お問合せください

募集要項

募集職種 保健師(正社員・パート)
勤務地

■本社
東京都道玄坂二丁目25番12号 道玄坂カブトビル5階 [地図]
東京メトロ渋谷駅3a出口(文化村通り口・109出口)より徒歩2分
大阪支店
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜三丁目1番22号
あいおいニッセイ同和損保 淀屋橋ビル 11階 [地図]
大阪市営地下鉄 御堂筋線 「淀屋橋」駅1番出口より徒歩1分 
京阪電気鉄道 京阪本線 「淀屋橋」駅1番出口より徒歩1分

仕事内容


● 取引先の企業に出向いての保健指導
● 産業医の受入体制に関する各種アドバイス(営業同行あり)
● 企業の衛生管理者等、保健スタッフに対する保健衛生アドバイス
● 産業医導入後の企業への継続的なフォロー対応
● 衛生委員会の資料など、テーマに沿った保健資料の作成
● 運営Facebookページや、ブログなどの更新
● 健康診断結果の判定補助業務
弊社は産業医、保健師などの医療資格者とともに、企業の健康管理を請け負う業務を行っております。
企業より、依頼や問い合わせがあった際は営業担当と同行し、医療資格者としてのアドバイスをして頂くことがあります。 また、週に2~3日程度、保健指導や営業の同行で外勤の可能性があります。

また、2015年12月よりスタートするストレスチェック制度に対し、実施者としての対応業務もございます。

応募資格 *要保健師資格
*企業での保健指導業務の実務経験が2年以上ある方歓迎!
採用人数 3名 
勤務開始日 随時(ご相談に応じます)
※以下は正社員のケースです。

給与
年齢×10,000円(上限35万円) ※役職により、手当が別途加算されます。
※パートの場合は時給1,800円~2,200円
給与改定 年齢給制度のため、4月1日現在の年齢により昇給
賞与 年2回(6月、12月支給)  
勤務時間 ■本社 平日9:30~18:00 (休憩60分)  ■大阪支店 平日9:00~17:30 (休憩60分)
休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝祭日
有給休暇、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇等
待遇・福利厚生 【福利厚生】
・スポーツジム会費負担
・中退共退職金制度加入

【保険】
社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)

【諸手当】
交通費全額支給(月4万円まで)
特別住宅手当 最大4万円(居住地域により変動)
応募方法 ご応募、ご質問は電話、メールにて受付させて頂いております。
お問合わせの際は、「保健師の募集要項を見た」とお伝え頂けると幸いです。
■電話: 03-3464-4000 (電話受付時間/平日9:30~18:00)
■メール:メールアドレス
■担当:採用課 大沼 文音
皆様のご応募お待ちしております!!

※履歴書送付の際は、個人情報のご提供に関する同意書を印刷・記入し、
合わせてお送りください。
●個人情報のご提供に関する同意書●

履歴書送付先 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂二丁目25番12号 道玄坂カブトビル5階
人事部採用課 大沼 文音 宛
  • ※別窓で開きます↓↓インタビュードクタートラストの保健師さんに、 働きやすさについて
    ざっくばらんに答えていただきました。
  • ※別窓で開きます↓↓保健師の業務登録保健師さん向けですが、内容はほぼ一緒です。
    保健師専用サイトにリンクしています。


はたらく人の保健室How 2015年 採用FBページ 産業保健新聞
ページトップへ戻る