トップ>外部相談窓口サービス[アンリ]

外部相談窓口サービス[アンリ]

外部相談窓口サービス[アンリ]サービス提供開始

外部相談窓口サービス[アンリ]は、すべての働く人が「壁にぶつかるその前」に手を差し伸べるサービスです。 産業医登録数、産業医契約企業数、ストレスチェック委託数で業界第1位のドクタートラストが、取引先企業様から「もっと気軽に相談できる場所がほしい」というご要望を受けて実現させたサービスです。

職場におけるメンタルヘルスやハラスメントに関する問題を未然に防ぎます。

ドクタートラストの、産業医・外部窓口、外部相談窓口サービスをはじめとした産業保健のトータルサポート

現在、従業員のメンタルヘルスやハラスメントに関する外部相談窓口は、巷にあふれていますが、どれもが「事後対応」のために存在しているものです。
外部相談窓口サービス[アンリ]は、「事が大きくなる前に、予兆のさらに予兆の段階で、気軽に専門家に話を聞いてみたい」と思ったときに気軽にご利用いただけます。

また、外部相談窓口サービス[アンリ]では、すべての相談に対して医療の専門家である産業保健師または精神保健福祉士が対応するため的確なアドバイスが可能です。緊急性が高い場合には人事担当者や産業医と連携のうえ、具体的な対応を図ります。

外部相談窓口サービス[アンリ]サービス提供開始

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

なぜメンタル不調者が減少しないのか

職場の問題

職場の問題

① 相談できる上司や同僚がいない。
心の問題は、誰かに相談することで軽減できたり、解決できるものです。
しかし、社内では相談しない、あるいは相談できる相手や機会がない職場が増えています。

② 産業医や保健師などの専門スタッフが機能していない
企業のメンタルヘルス対策は、就業制限を勧告する立場にある産業医をどう活かすかが最大のポイントです。
しかしうまく使いこなせていない企業がほとんどです。

経営者の問題

経営者の問題 width=

① 「がんばれ」と言ってはいけない風潮
「気分が落ち込んだ人に『頑張れ』と言ってはいけない」ということに縛られている人が少なくありませんが、他の先進国では、休職することなく働きながら徐々に回復を目指すことが一般的です。
頑張れとは言ってはいけない社会は、頑張れなくなった人を切り捨て、人を育てない社会であると考えられます。

② 働き方を改善できない
たとえば子育て中の社員や、メンタル不調者が他の社員と同じ土俵で活躍できる社会に変えるために必要なことは、「時短」です。
給与水準を落とさずに、時短を実現して行くためにするには、社内で脱落者を出さないことが最低限必要なことで、「時短」社員が、他の社員以上に成果を上げる工夫をし、その働き方を広めて行くことが必要です。


矢印

 

外部相談窓口サービス[アンリ]は 既存の産業医制度をより活用し、
「一緒に頑張ろう」と言える社会を実現するために誕生しました

 

従業員のメンタルヘルスやハラスメントに関する職場の問題を未然に防ぎます

外部相談窓口サービス[アンリ]は御社の産業保健体制強化に貢献します

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

たとえば、こんなときに外部相談窓口サービス[アンリ]を使ってください……

お悩み1
健康に関する相談

・ 健康診断は毎回A評価だが、1つの項目だけ値が悪く心配なとき
・ 風邪気味だけれども仕事の予定が埋まっていて病院に行く暇がないとき。

お悩み2
メンタルヘルスに関する相談

・ 最近仕事で失敗が続きマイナス思考が増えてきているとき
・ 1~2時間の残業が続いており、仕事の疲れがとれずモチベーション・集中力が続かないとき

お悩み3
ハラスメントに関する相談
・ 「上司からこんな風に言われているのだけど、これってハラスメント?」というご相談
・ 明らかにハラスメントを受けているのだけれども、社内の人には言いにくい、円満に解決したい

 医療や健康に関するお悩みなら、上記以外のものでもお気軽にご利用いただきます。ご相談内容によっては気にされることもあると存じますので、匿名でも構いません。 

外部相談窓口サービス[アンリ]のご利用方法

素朴な悩みをそのままメールに打ち込む

メールでの相談受付は24時間対応しています。お送りいただく際に、あらかじめお伝えしている事業場コード等(ご契約企業様に付与しています)を入力いただければ、会社のメールアドレスではなく個人のメールアドレスからでもご相談いただけます。

ふと気になったことを、そのタイミングで電話してみる

電話でのご相談は、平日10時~20時まで受け付けています。取り急ぎ教えてほしいことがある、といったときにはメールよりもおすすめです。

メール・電話のどちらでご相談いただいても、弊社の医療職(産業保健師または精神保健福祉士)が対応いたします。

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

企業のご担当者様へ

外部相談窓口サービス[アンリ]とは

専属産業医契約の概要

EAP(従業員支援プログラム)ではありません

従来の外部相談窓口サービスは、「メンタルヘルスが不調だ」という状態に陥ってしまった人たちを対象としていました。

しかしながらそのような人たちにも、不調に陥る前には「予兆」があったはずであり、またその「予兆」以前の「なんとなく調子が悪い気がする」という状況があったはずです。

外部相談窓口サービス[アンリ]は、不調に陥る前になんとかして救いたい、健康的な日常生活をそのまま続けてほしいという気持ちが込められたサービスです。

相談の電話をする前に思わず構えてしまうようなものではなく、「ふと思いついて」利用していただけるような、そんな気軽さで活用いただければと思います。

気軽さとは裏腹に窓口体制はしっかりしています
外部相談窓口サービス[アンリ]で対応するのは弊社の医療職である産業保健師、精神保健福祉士です。企業での保健指導などの実績が豊かであり、相談者の目線に立つことができます。

安易に「通院」をすすめることはしません

外部相談窓口サービスでありちな「病院にいったほうがよい」というアドバイスは、本当にアドバイスといえるのでしょうか。

これまで通院をしていなかった人が新たに病院に通い始めるというのは、その時点で日常生活がこれまでのものと異質になってしまっているといえます。

外部相談窓口サービス[アンリ]は、企業の担当者や産業医と有機的な連携を図り、相談者が健康的な日常生活を送れるようにお手伝いをいたします。

相談対応者が「医療職だから」できることがあります

外部相談窓口サービス[アンリ]では、国家資格である保健師資格、精神保健福祉士資格を有しているものが相談対応をいたします。そのため、「早く寝たほうがいいですね」、「野菜を多めにとりましょう」といった「そんなこと言われなくてもわかっている…」といったアドバイスではなく、的確かつ具体的なアドバイスをすることが可能です。


企業の担当者や産業医と連携を図れます

なるべくであれば、「不調の予兆」のタイミングで相談いただければと思っていますが、なかにはすぐにでも具体的な対応策を講じなければいけない相談者も出てくるでしょう。

外部相談窓口サービス[アンリ]では、迅速に企業の担当者や産業医と連携を図り、相談者にとって1番よい形となるような道を考えていきます。

ドクタートラストだからこそのきめ細かさ

ドクタートラストといえば、産業医登録数、産業医紹介企業数、ストレスチェック委託数で圧倒的業界第1位。企業担当者や産業医との連携については、これまでの業務のなかで培ったノウハウがあります。

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

外部相談窓口サービス[アンリ]の概要

特徴1
健康で元気に働ける人を増やすことがアンリの目的です
働かせ方が原因となる過労死、メンタル不調者の発生を防ぐために、事業主が、社員の健康を守るための健康経営に関する指針を表明すること。社員は、不調となる前に相談することが大切です。
特徴1
産業医面談の重要性と実態
労災防止には産業医面談が重要ですが、敬遠されることも少なくありません。過去に発生した労災事件の98%は、産業医などのスタッフに相談していない事実があります(出典:労働新聞社)。
特徴1
外部相談窓口サービス[アンリ]の役割
外部相談窓口サービス[アンリ]は従来の「産業医面談」だけでは拾いきれない健康やメンタルヘルスの不調の予兆をつかみ、ひいては企業とそこで働く人たちの幸せにつなげていきます。
特徴1
改正男女雇用機会均等法に対応しています
改正男女雇用機会均等法が平成29年1月1日に施行され、ハラスメントの防止対策として相談窓口を設置することが企業に義務づけられました。国からのハラスメント要件を満たす外部相談窓口サービスです。
特徴1
ご相談方法
電話・メールでご相談を受け付けています。社内で周知を図っていただけるように、電話番号、メールアドレスの記載された会員証やポスターをお渡しします。
特徴1
外部相談窓口にとどまらないサービス
メールマガジン「月刊アンリ」にて会員(従業員)向けに健康に関する情報をお送りするなどして、外部相談窓口サービスにとどまることなく、包括的な「健康・医療」サービスを提供してまいります。

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

外部相談窓口サービス[アンリ]はここが違います

社外のほうが相談しやすい
社外のほうが相談しやすい
社内に相談窓口を設けていても、相談対応者が一般社員の場合、「今後の昇進や査定に響くのでは?」といった心配から相談を控える人がいるものです。その点、外部相談窓口ならば、相談者が不安感や不信感を覚えるケースは減るでしょう。
社内に窓口を設ける場合、相談対応者には専門の教育・トレーニングが必要ですが、外部相談窓口サービス[アンリ]は産業保健に精通した医療職が対応するので安心です。
医療職が対応します
医療職が対応します
 一般的なEAPサービス(従業員支援プログラム)においては、外部相談窓口にできることが相談者へのカウンセリング、アドバイスにとどまっていました。しかし外部相談窓口サービス[アンリ]は、医療国家資格者である保健師・精神保健福祉士が対応するため、相談者へのアドバイスはもちろんのこと、緊急時には企業や産業医と連携するといったサービスの提供が可能です。
また、せっかく社内相談窓口を設けても、その存在が知られず、窓口そのものが形骸化してしまうというケースもよく耳にします。アンリでは、ポスター等をご用意し、相談窓口の社内周知もサポートいたします。
リーズナブルな料金設定
リーズナブルな料金設定
 相談者がいないのに、毎月高額な料金がかかるのでは……という懸念もあると思います。外部相談窓口サービス[アンリ]では、そういった懸念を解消するべく弊社と産業医契約を結んでいらっしゃる企業様には月額基本料の特別料金を設定。加えて、医療職への、ご相談1件ごとに5,000円という料金体系にいたしました。
ポスター配布や『月刊アンリ』などによる情報提供など、各種無料サービスを取り揃えております。 詳しいお見積りにつきましては、弊社担当者までお気軽にお申し付けくださいませ。
※ 現在は「初年度キャンペーン実施中」につき、先着200事業場までは、特別料金でご提供しております(詳細はお問合せください)。

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

株式会社ドクタートラストとは

 株式会社ドクタートラストは企業ではたらく人の健康管理を専門に受託している会社です。産業医や保健師などの医療資格者が企業を訪問の上、健康診断結果に基づく健康指導、過重労働者面談、ストレスチェック、職場巡視、衛生委員会への参加などの業務を実施します。

産業医の登録数、産業医の契約企業数、ストレスチェック委託契約数で国内第1位を獲得しています。

また、東証一部上場企業の約半数の企業様や、内閣府、厚労省、国交省をはじめとした官公庁様などとお取引させていただいております。

外部相談窓口サービス[アンリ]のサービス内容

 外部相談窓口サービス[アンリ]を多くの企業様でご活用いただきたいという思いから、毎月の基本料金だけで充実したサービスを提供してまいります。 なお、現在は初年度キャンペーン実施中のため、下記とは料金体系が異なってまいります。お見積りにつきましては、お気軽にお申し付けください。

外部相談窓口[アンリ]4つのポイント
【月額顧問料で受けられるサービス】

① 外部相談窓口の設置:メールまたは電話で弊社医療職にご相談いただけます
(受付時間 アンリ専用メール:24時間、アンリ専用電話:10 :00~20:00)
・ 企業の衛生管理者様からのご相談:無料(弊社代表電話より受付けます)
・ 会員様(従業員)からのご相談
② メンタルヘルスおよびハラスメント防止・啓発ポスターのご提供
⇒ポスターの見本は、外部相談窓口サービス[アンリ]特設サイトよりご確認いただけます
③ 職場におけるハラスメント防止措置に必要な資料・書類のご提供
④ メールマガジン『月刊アンリ』でメンタルヘルス・健康情報を定期的にご提供
⑤ 医療職等による健康セミナー(ドクタートラストのセミナールームにて実施)
⑥ 心身の健康に関する資料のご提供

【初期費用】
・ 会員証作成(相談窓口ご利用案内が記載されます):50円/枚

【追加オプションサービス】
① 医療職による対面での相談対応
・ 企業に訪問して相談
・ ドクタートラストに来社いただいて相談
② 従業員向けセミナー(テーマはメンタルヘルス・健康管理・ハラスメント等)
③ 実態把握アンケート調査
④ 追加ポスターパネル(A2サイズ)

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

ドクタートラストの嘱託産業医・専属産業医サービス

ドクタートラストが選ばれる5つの理由

企業の健康管理体制の構築には、衛生委員会の立ち上げや効率的な運営、優秀な産業医の選任など、必要な手を打ち、しかるべき経験を積み重ねていかなければなりません。ドクタートラストは2004年創業以来、1,500社を超す企業の健康管理体制確立に尽力してまいりました。支援した企業数及び、問題解決した案件数において、弊社に比肩する企業はありません。健康管理体制の構築は、業界No.1のドクタートラストにおまかせください。
理由1
産業医紹介企業数 業界第1位

産業医紹介企業数は1,500社以上で業界最大。契約先は官公庁や上場企業など多彩です。ストレスチェック実施契約も業界最大で、東京労働局などでの実施を請け負っています。

理由2
産業医登録数 業界第1位

登録産業医数は2,500名超と圧倒的No.1。採用面接での競争率の高さは有名です。狭き門を突破した産業医ゆえにサービス品質が向上し、企業の満足度が上がるという循環を生み出しています。

理由3
産業保健師による親身なサポート
弊社の経験豊富な産業保健師が、企業の気付きづらい部分や産業医の手の届かないところに親身なサポート・アドバイスを提供します。 産業医を初めて選任する企業などで大変好評です。
理由4
全国に広がる産業医ネットワーク
登録産業医の活動エリアは日本全国です。企業の状況や希望にマッチした産業医を、全国どのエリアでも探すことができます。地域ニーズに柔軟に応えられるのもドクタートラストの特長です。
理由5
契約企業の96%が「満足」
契約中の企業に対して2014年度にアンケート調査を行ったところ、96%から「産業医に満足している」という回答を得ました。弊社のサービスに対して、非常に高い評価をいただいています。

ドクタートラストの健康サポート

貴社とドクタートラストの間で顧問契約等を締結することで、弊社が以下の業務を行います

① 産業医による保健指導
② ストレスチェックサービス
③ 保健師による健康指導
④ 外部相談窓口サービス[アンリ]

外部相談窓口サービス[アンリ]ご相談・お見積 お問合せフォーム

よくある質問

外部相談窓口サービス[アンリ]とはなんですか?
会員制の医療・健康相談窓口サービスです。 産業医契約企業数および産業医登録数全国第1位のドクタートラストが、長年にわたる産業保健業務で培ったノウハウを生かし、企業における労働者の健康管理業務をサポートすべく提供を開始いたしました。より詳し医情報はお問合せください。折り返し担当よりご連絡させていただきます。

なぜ窓口設置が必要なのですか?
「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律等の一部改正」(いわゆる「男女雇用機会均等法」の改正)が平成29年1月1日に施行されたことに伴い、「事業主が職場における妊娠、出産等に関する言動に起因する問題に関して 雇用管理上講ずべき措置についての指針」も同日付けで適用されることとなりました。 同指針では、「相談(苦情を含む)に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備」として、①相談窓口をあらかじめ定めること、②相談窓口担当者が、内容や状況に応じ適切に対応できるようにすること、職場における妊娠、出産等に関するハラスメントが現実に生じている場合だけでなく、その発生のおそれがある場合や、職場における妊娠、出産等に関するハラスメントに該当するか否か 微妙な場合等であっても、広く相談に対応すること、③その他のハラスメントの相談窓口と一体的に相談窓口を設置し、相談も一元的に受け付ける体制の整備が望ましいこと、の3つが示されています。
つまり「セクシャルハラスメント」と「妊娠・出産・育児休業・介護休業に関するハラスメント」の防止対策として相談窓口を設置することが、法律により、規模の大小に拠らずあらゆる企業に義務づけられたのです。
外部相談窓口サービス[アンリ]はそういった国からのハラスメント要件を満たすほか、健康やメンタルヘルスに関するご相談についても受け付けるサービスです。

なぜ外部に窓口を設けたほうがよいのでしょうか?
社内に相談窓口を設けていても、相談対応者が一般社員の場合「今後の昇進や査定に響くのでは?」といった心配から相談を控える人がいるものです。
その点、外部相談窓口ならば、相談者が不安感や不信感を覚えるケースは減るでしょう。
また、社内に窓口を設ける場合、相談対応者には専門の教育・トレーニングが必要ですが、外部相談窓口サービス[アンリ]は産業保健に精通した医療職が対応するので安心です。

他社の外部相談窓口サービスとは何が違うのですか?
一般的なEAPサービス(従業員支援プログラム)では、外部相談窓口での対応は、相談者へのカウンセリング、アドバイスにとどまります。 アンリでは、相談対応を、医療国家資格者である保健師・精神保健福祉士がすべて対応いたします。相談者へのアドバイスはもちろんのこと、緊急時には企業や産業医と連携して対処します。
また、せっかく社内相談窓口を設けても、その存在が知られず、窓口そのものが形骸化してしまうというケースもよく耳にします。 外部相談窓口サービス[アンリ]では、ポスター等をご用意し、相談窓口の社内周知もサポートいたします。

保健師、精神保健福祉士とはなんですか?
保健師の資格は、看護師の上位資格であり、看護師免許を取得しないと保健師にはなれません。看護師が、病気を治す臨床の仕事が中心であるのに対し、保健師は、病気を予防するために組織や集団に対する啓蒙活動や、個人への健康指導を行うことが仕事です。 働く職場によって、学校保健師、行政保健師、産業保健師というように呼ばれます。アンリで相談対応を行う弊社の保健師は、経験豊富な「産業保健師」です。
また、精神保健福祉士は、いわゆる「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる専門職の国家資格です。弊社の精神保健福祉士は、メンタルヘルスに関する相談の経験が豊富です。

料金体系を教えてください。また、見積ってもらうことは可能でしょうか?
料金体系は事業場の規模等によって異なりますため、企業様ごとにお見積りいたします。 なお、現在は「初年度キャンペーン」実施中につき、先着200事業場までは特別料金でご提供しております(詳細はお問合せください)。

契約からサービス提供までにどれくらい時間がかかりますか?
まずはご提供するサービスの内容をご相談させていただきます。 そのうえでサービスをご提供いたしますので、2週間~1カ月程度お時間をいただきます。

サービスの内容を詳しく知りたいのですが?
 外部相談窓口サービス[アンリ]用の「ご相談・お問合せ」よりご連絡いただけますでしょうか。 折り返し担当者よりご連絡させていただきます。

ドクタートラストと産業医契約を結んでいないのですが、アンリを利用できますか?
まずは企業様の状況をご教示いただけますか。そのなかで、最適なプランをご提案いたします。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください
TOPICS外部相談窓口サービス[アンリ]
ストレスチェックは今がおすすめ!ストレスチェックについてよくある質問よくある質問メールマガジン採用情報
p-mark

当社では安心と安全を
ご提供できるように
「プライバシーマーク」を
取得致しました。
今後ともさらなる情報セキュリティの
維持管理に向けて
取り組んでまいります。

産業医満足度調査結果
産業医満足度調査のアンケートを実施しました!
ページトップへ戻る