トップ>間違いだらけのストレスチェック制度 >8. 結果によっては、人事異動もあり得る?編

結果によっては、人事異動もあり得る?編

8.結果によっては、人事異動もあり得る?編

産業医について

間違いはここ!

ストレスチェックの結果のみで

配置転換や退職勧奨を行うことは禁じられています

< 解説 >

ストレスチェックを受検した結果、ストレスのかなり高い「高ストレス者」だとわかったとします。その事実を会社に伝えたとしても、その受検結果のみで会社が労働者の配置転換などを行ってはいけないルールになっています。 個人が高ストレス者と判断された場合、まずはその人宛てにセルフケアに関するアドバイスシートが届きます。同時に医師との面接指導を奨める通知も届きます。それにより、もしその人が医師と面接を行ったら、その結果をもとに人事異動などが考慮されることはあり得ます。ただし、その場合も、本人の意見も考慮したうえで決定されるはずです。

ストレスチェック実施サービス!詳細はお問合せ下さい。
TOPICS 紹介動画 産業医について保健師について衛生管理体制について健康経営セミナーについてEAPサービスストレスチェック主要取引先企業 衛生委員会メールマガジン
p-mark

当社では安心と安全を
ご提供できるように
「プライバシーマーク」を
取得致しました。
今後ともさらなる情報セキュリティの
維持管理に向けて
取り組んでまいります。

ページトップへ戻る