産業医の皆様へサイトマップ

外部相談窓口・EAPサービス[アンリ] |ドクタートラスト

産業医・産業保健のことならドクタートラスト企業に適した「産業医」や「保健師」をご紹介することが社員の健康を守り、企業の発展に貢献できると私たちは信じています
p-mark産業医紹介等について電話でのお問い合わせ先
  • ホーム
  • 産業保健師による健康管理業務
    • 健康管理サービス
    • 特定保健指導業務
  • 健康経営セミナー
  • アドバイザリーサービス
    • 無料メールマガジン
  • 外部相談窓口サービス[アンリ]
    • アンリの役割
    • アンリの利用状況
  • 産業保健師とは
    • 産業保健師の仕事
    • 選ばれる理由
    • 産業保健師の1日
    • 導入案
  • ドクタートラストによる健康トータルサポート
超低価格で最高のサポートを!ドクターとラストの外部相談窓口・EAPサービス「アンリ」義務化されたパワハラ対策に!
SP版超低価格で最高のサポートを!ドクターとラストの外部相談窓口・EAPサービス「アンリ」義務化されたパワハラ対策に!


アンリ資料サンプル
[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード
[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード
いよいよ、2020年6月に施行です!「パワハラ防止法」対策はお済みですか?
SP版いよいよ、2020年6月に施行です!「パワハラ防止法」対策はお済みですか?

2020年6月、改正「労働施策総合推進法」(通称「パワハラ防止法」)が
いよいよ施行され、パワハラ対策が義務づけられます。
中小企業は少し猶予があり、2022年3月31日までは努力義務ですが、いずれにしても、

従業員規模を問わず、すべての企業が義務の対象となります!


厚生労働省の指針によると、事業主に義務づけられた措置は、以下のとおりです。

「パワハラ防止法」事業主に義務付けられた措置
SP版「パワハラ防止法」事業主に義務付けられた措置

上記のように、どの企業においても相談窓口の設置は必須となります。
さらに、相談窓口の設置だけではなく、「事後対応」も義務です!

外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]は、
義務化されたパワハラ防止法に完全対応しています!



  [アンリ]とは?
SP版[アンリ]とは?

外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]とは、会員制の医療・健康相談窓口サービスです。保健師など国家資格を持つアンリの相談員が、電話・メールにて従業員の相談に乗ります。通常の相談窓口サービスはカウンセリング・アドバイスにとどまりますが、「アンリ」は具体的な改善案の提出までサポート。スムーズな課題解決が可能な、外部相談窓口サービスです。


  国家資格を持つ優秀な相談員が、従業員のメンタル・フィジカル問題をスピード解決!
国家資格を持つ優秀な相談員が、従業員のメンタル・フィジカル問題をスピード解決!
[アンリ]導入シミュレーション01
[アンリ]導入シミュレーション02
[アンリ]導入シミュレーション03

[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード

外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]お電話でのお問合せはこちら

[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード

SP版外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]お電話でのお問合せはこちら東京本社03-3464-4000大阪支店06-6209-2500どんな小さなご質問でもOK!お気軽にお問い合わせください!

ここが違う!ドクタートラストの外部相談窓口・EAPサービス3つのポイント
  SP版ここが違う!ドクタートラストの外部相談窓口・EAPサービス3つのポイント
ポイント1「医療職が対応するから安心」ポイント2「報告書含む手厚いアフターフォロー」ポイント3「産業医と連携するとさらにお得!」
 

医療職が対応するから安心

産業保健に精通した保健師、精神保健福祉士、公認心理師などドクタートラストの医療国家資格者等がご対応します。社内では相談しにくいこともプロなら安心。一般的には、①受付→②産業医や保健師など医療職→③医療機関といった流れのところ、アンリは窓口受付時から医療職が対応できるため、迅速な対応が可能です!また、ハラスメントだけでなくフィジカルやメンタルの問題も一元的に対応が可能といった大きな特徴があります!

保健師精神保健福祉士公認心理士
医療職がご相談対応をするため、そのまま相談者の心身のお悩みも一元的に対応可能!さらに!緊急時には企業や産業医と連携して対処いたします。
医療職がご相談対応をするため、そのまま相談者の心身のお悩みも一元的に対応可能!さらに!緊急時には企業や産業医と連携して対処いたします。

報告書含む手厚いアフターフォロー

匿名のご相談は、事前に相談者の承諾を得た上で、本人が特定できないよう配慮しつつ企業様に報告。「最も詳しい報告書」として業界内でも好評価です!また、相談後、企業様に報告して終わり。ではありません!報告を受けた企業様や人事ご担当者様が今後どういった対応をされたら良いか、医療職がアドバイスします。
ドクタートラストだからできる手厚さです!

報告書サンプル

報告書サンプル

産業医と連携するとさらにお得!

産業医面談のイメージ

50名以上の労働者を雇用している事業場、月80~100時間超の残業をした労働者がいる事業場は産業医を選任しなければなりません。適切なタイミングでの適切な対応をしていれば、自殺や長期入院を未然に防げたのではないかと指摘され、労災認定されるケースが大半を占めることから、産業医を上手に活用し、病気を早期発見し早期治療の開始を指導することが大切です。

産業医とは、労働者の健康管理を行う資格があり、かつ医師免許も取得している者のこと。
通常の医師は患者が復職したいと言った際、職場や業務のことがわからないために、日常生活が送れるレベルであれば「復職可」の診断を出してしまうことがあります。そこで「本当の意味で復職可(会社の求めるパフォーマンスで仕事ができる状態)」なのかどうか、そのギャップを見極めるのが産業医の役割です。

ドクタートラストの産業医サービスと「アンリ」を併せてご契約いただいた場合、通常よりもお得な価格でのご利用が可能です。詳しくはお見積もり・お問い合わせください。


ドクタートラストの産業医サービスはこちら


 
くらべてわかる、充実のサービス内容
SP版くらべてわかる、充実のサービス内容
 
アンリ資料サンプル
[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード
[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード
  産業医サービス以外にも、[アンリ]はさまざまなサービスと併用できます
産業医サービス以外にも、[アンリ]はさまざまなサービスと併用できます
さらに!ドクタートラストのストレスチェックを受けると…

ストレスチェックはこちら


 
     

よくある質問

SP版よくある質問
外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]とは?
会員制の医療・健康相談窓口サービスです。 産業医契約企業数および産業医登録数全国第1位のドクタートラストが、長年にわたる産業保健業務で培ったノウハウを生かし、企業における労働者の健康管理業務をサポートすべく提供を開始いたしました。より詳しい情報はお問合せください。折り返し担当よりご連絡させていただきます。

なぜ窓口設置が必要なの?
2020年6月1日に施行される 労働施策総合推進法(通称「パワハラ防止法」)のガイドラインとして策定された「事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針」内で、「相談窓口の設置」が事業主に義務付けられました。(ページトップ参照)
この度の法施行では、大小によらず、すべての企業にすでに法律で設置が義務付けられている「セクシャルハラスメント」、「妊娠・出産・育児休業・介護休業に関するハラスメント」等の防止対策としての相談窓口の対象に「パワーハラスメント」への相談対応が加わり、さらに併せ改正された各防止指針等により、一元的な相談対応を求めるなど設置要件の強化が図られました。
外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]はハラスメント防止対策の各指針要件を満たすほか、従業員の方の健康やメンタルヘルスに関するご相談について受け付けるサービスです。

なぜ外部に窓口を設けたほうが良い?
社内に相談窓口を設けていても、相談対応者が人事部の方など社員の場合「今後の昇進や査定に響くのでは?」といった心配から相談を控える人がいるものです。
その点、外部相談窓口ならば、相談者が不安感や不信感を覚えるケースは減るでしょう。
また、社内に窓口を設ける場合、相談対応者には専門の教育・トレーニングが必要ですが、外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]は産業保健に精通した医療職が対応するので安心です。

他社の外部相談窓口サービスとは何が違う?
一般的なEAPサービス(従業員支援プログラム)では、外部相談窓口での対応は、相談者へのカウンセリング、アドバイスにとどまります。アンリでは、相談対応を、医療国家資格者である保健師・精神保健福祉士等が対応いたします。相談者へのアドバイスはもちろんのこと、緊急時には企業や産業医と連携して対処します。
また、せっかく社内相談窓口を設けても、その存在が知られず、窓口そのものが形骸化してしまうというケースもよく耳にします。 外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]では、ポスターや利用者様用のウェブサイトをご用意し、相談窓口の社内周知もサポートいたします。

保健師、精神保健福祉士、公認心理師とは?
保健師は産業看護職の一つで、看護師免許を取得しないと保健師にはなれません。看護師が、病気を治す臨床の仕事が中心であるのに対し、保健師は、病気を予防するために組織や集団に対する啓蒙活動や、個人への健康指導を行うことが仕事です。 働く職場によって、学校保健師、行政保健師、産業保健師というように呼ばれます。アンリで相談対応を行う弊社の保健師は、経験豊富な「産業保健師」です。
また、精神保健福祉士は、いわゆる「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる専門職の国家資格です。弊社の精神保健福祉士は、メンタルヘルスに関する相談の経験が豊富です。
公認心理師とは、平成29年に新設された日本初の心理職国家資格です。ドクタートラストでも、医療職として働く人々の心のケアを行なっています。

料金体系を知りたい。見積りは可能?
ご利用になる従業員様の人数が200名以下の場合、月額基本料が10,000円となります。その他、相談1件ごとに5,000円が加算されます。なお、月額基本料の中に相談2件が含まれます。ご利用人数が200名以上になる場合は、月額基本料を別途お見積りいたしますのでお気軽にお問合せくださいませ。

どうしてそんなに低価格なの?
アンリの相談窓口は、弊社の社員である医療職が対応しているため、電話の受付時間が10時~20時まで、と限りがあります。コールセンターのように24時間対応可能ではない点が大きく低価格に関係しています。

契約から導入までどれくらい時間かかる?
まずはご提供するサービスの内容をご相談させていただきます。 そのうえでサービスをご提供いたしますので、2週間~1カ月程度お時間をいただきます。

サービスの内容を詳しく知りたい。
 外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]用の「ご相談・お問合せ」よりご連絡いただけますでしょうか。 折り返し担当者よりご連絡させていただきます。

ドクタートラストと産業医契約なしでもOK?
もちろんでございます。まずは企業様の状況をご教示いただけますでしょうか。そのなかで、最適なプランをご提案いたします。
[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード

外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]お電話でのお問合せはこちら

[完全無料]お見積り・お問合せ無料資料請求ダウンロード

SP版外部相談窓口・EAPサービス[アンリ]お電話でのお問合せはこちら東京本社03-3464-4000大阪支店06-6209-2500どんな小さなご質問でもOK!お気軽にお問い合わせください!

産業保健に関することはドクタートラストにお任せください!

産業医紹介の画像「貴社の希望を叶える産業医をご紹介」保健師サービスの画像「従業員の健康管理から職場改善までご協力」 衛生管理体制の画像「衛生委員会の立ち上げから運用サポートまで」
無料セミナーの画像「毎週水曜に開催中!どなたでもご参加可能」ストレスチェックの画像「国内トップレベルを誇る安心と信頼の実績」 衛生委員会テーマの画像「保健師が作成した資料、無料でお届けします!」
紹介動画