労働安全衛生法とは|ドクタートラスト

p-markお電話でのお問合せ 本社03-3466-7200 大阪支店06-6209-2500
企業の皆様へ ご相談フォームはこちら 産業医の皆様へ 無料ご登録はこちら
ストレスチェック・マニュアル

労働安全衛生法について

労働安全衛生法とは
労働安全衛生法とは、労働基準法と相まって、労働災害防止のための危害防止基準を確立するための法律です。1972年に労働基準法から独立する形で制定されました。
労働者の安全と健康を守るとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的としています。
[労働安全衛生法全文]

労働安全衛生法の目的

安全衛生管理体制とは
安全衛生管理体制とは、労働安全衛生法に則り、産業医を選任したり、
安全・衛生委員会を開催するなどの体制を構築することです。
[労働安全衛生規則]

安全衛生管理体制一覧
安全衛生管理体制を確立することは、会社の安全衛生管理の根幹となります。
もし、上記で行っていないものがあるのなら、すぐに行いましょう。
会社の大切な従業員が安全に、かつ健康に仕事ができるような体制作りが必要です。

労働災害発生時の規定について
労働安全衛生法では,労働災害(以下労災)により労働者が死亡、負傷または疾病により休業した場合に 労働基準監督署への報告が義務づけられています。
労災によって労働者が死亡した場合は、「業務上過失致死罪」に問われることがあります。
また、報告書未提出や虚偽報告が明らかになった場合に書類送検となる例もあります。


ページトップへ戻る