安全衛生委員会の運営|ドクタートラスト

p-markお電話でのお問合せ 本社03-3466-7200 大阪支店06-6209-2500
企業の皆様へ ご相談フォームはこちら 産業医の皆様へ 無料ご登録はこちら
ホーム > 安全衛生委員会の運営
安全衛生委員会について

1.委員会設置義務者

労働安全衛生法改正
ご対応いただいていない会社・企業の社長や人事部長、課長様は法令違反の懲役の対象にもなり得ますのでご注意ください。
長時間労働者の医師面談を実施せずメンタル自殺が発生した場合、刑事罰となることがあります。
 安衛法の改正はこちら   罰則一覧はこちら

業種を問わず、常時使用労働者数が50人以上の事業場では、衛生委員会を設置しなければなりません。
また、下記の業種の場合、安全委員会を設置しなければなりません。

委員会設置義務者

2.メンバー構成

安全衛生委員会のメンバー構成

@議長は、本社の場合、人事部長が、支店の場合は、支店長が最も多いと思います。
 (通常、社長や取締役を選任するケースはほとんどありません。)
A議長以外の委員としては、
 <会 社 側>人事課長(労務・給与)、人事担当者、衛生管理者(女性が多い)、産業医
 <労働者側>営業部門など人事以外の部署の課長クラスで、人事等の経験者 とされている企業が多く、
 会社側と労働者側が同数になるようにメンバーを調整しなければなりません。

法律では、
議長以外の半数の委員<(イ+ロ)の半数>は、労働者の過半数を代表する 労働組合、もしくは労働者の過半数を代表するものの
推薦に基づき、事業者が 指名
しなければならない。と明記されています。
→ 会社側にとって、都合がいい委員のみを選ぶことを法律で禁止しています。

3.審議事項

衛生委員会・安全衛生委員会 審議事項

衛生委員会付議事項
@労働者の健康障害防止基本対策
A労働者の健康保持増進基本対策
B労働災害の原因調査及び再発防止策
Cその他健康障害の防止、健康保持増進に関する(※1) 重要事項
(※1)重要事項には次の主要付議事項が含まれます(安衛規則22条)
1.衛生に関する規定の作成
2.業務遂行上の危険性又は有害性の調査と結果に基づき講じる衛生に係る措置
3.衛生に関する計画の作成、実施、評価および改善に係る措置
4.衛生教育の実施計画の作成
5.新規の化学物質の有害性調査とその結果に対する対策の樹立
6.作業環境測定の結果とその評価に基づく対策の樹立
7.健康診断及び医師等の診断の結果に基づく対策の樹立
8.労働者の健康保持促進を図る為に必要な実施計画の策定
9.長時間労働に従事する労働者の健康障害の防止を図る為の対策の樹立
10.労働者の精神的健康の保持増進を図る為の対策の樹立
11.官公庁から文書で勧告・指導を受けた健康障害防止に関すること

安全委員会付議事項
@労働者の危険を防止する為の基本対策
A労働災害の原因及び再発防止対策で、安全に係るものに関すること。
B労働者の危険の防止に関する(※2)重要事項
(※2)重要事項には次の主要付議事項が含まれます(安衛規則21条)

1.安全に関する規程の作成
2.危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置のうち、 安全に係るものに関すること。
3.安全衛生に関する計画(安全に係る部分に限る。)の作成、実施、評価 及び改善に関すること。
4.安全教育の実施計画の作成
5.官公庁から文書で命令・指示・勧告・指導を受けた労働者の危険の防止に関すること。

安全衛生委員会

4.労働時間等設定改善委員会との兼ね合い

衛生委員会の活用

イ. 労働時間等設定改善委員会が設置されていない事業場であること。

ロ. 事業主が、過半数組合がある場合にはその労働組合、ない場合には過半数 代表者の間で書面による協定により、衛生委員会に、
当該事業場における労働時間等設定改善に関する事項を調査審議させ、事業主に対して意見を述べ させることを定めたこと。
過半数代表者は、省令第4条が準用する同令第1条により、下記のいずれにも該当する者であること。
(1)労働基準法第41条第2号に規定する監督又は管理の地位にある者でないこと。
(2)法に規定する推薦をする者を選出することを明らかにして実施される投票、挙手等の方法による手続により選出された者であること。

ハ. 委員の半数が当該事業場に過半数組合がある場合にはその労働組合、ない場合には過半数代表者の推薦に基づき指名されていること。
過半数代表者は、4(4)ロと同様の要件を充たすものであること。

ニ. 省令第4条が準用する同令第2条により、当該衛生委員会の議事について、開催の都度議事録が作成され、3年間保存されていること。
なお、当該衛生委員会の決議それ自体についても、もとより書面により保存すべきものであるが、これについては、
労働基準法109条に規定する「労働関係に関する重要な書類」に該当するものであり、同条により3年間保存しなければならないものであること。      

ホ. 省令第4条が準用する同令第3条により、委員の任期、当該衛生委員会の招集、定足数、議事等を内容とする委員会の運営規程が定められていること。

詳細は厚生労働省HPまで

各種資料を無料でお配りしております

ページトップへ戻る